1: 名無しの@まとめさん
2018年度上半期(4~9月)の新車販売で、ホンダの軽自動車「N―BOX(エヌボックス)」が首位になった。上位10車種のうち、7車種が軽自動車だった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した。

N―BOXは昨年9月に全面改良され、誤発進防止の安全機能などが人気を集めている。販売台数は、前年同期比23・8%増の11万7100台。2位になったスズキの軽自動車「スペーシア」に4万3494台の差をつけた。


【2018年度上半期の新車販売、上位10車種のうち 7車種が軽自動車 【N-BOX】 】の続きを読む